30代夫婦が投資や節約を通して「お金の勉強」をするブログです

【ゼロから始める株式投資】私が株式投資を始めたわけと始めるまで

株式投資をはじめた理由アイキャッチ株式投資
ぱふお
ぱふお

おはこんばんにちは!ぱふお(@puffoblog)です!

ぱふお妻
ぱふお妻

ぱふお妻です!

いきなりですが、私は現在会社員として働いていますが決して収入が高いわけではありません。

ぱふお妻との二人暮らしですが、ぱふお妻に扶養内でパートで働いてもらいどうにか不自由ない暮らしをしていける程度の収入の普通のサラリーマンです。

今回の記事は、そんな私がなぜ「株式投資」なんていう敷居の高そうなものを始められたのかについてです。

スポンサーリンク

未来に対する漠然とした不安

2019年夏、世間を騒がせた「老後2000万円問題」から、未来に対する漠然とした不安を強く感じるようになりました。

知識の無い私でも今後日本人の税負担が増していく一方なのは分かりますし、この時代会社の中で頑張り続けても簡単にお給料が上がらないのはハッキリしています。

それらのことから目を背けて「なんとな~く」日々を過ごしていました。

お金に関するyoutube動画の発見

そんな生活の中、寝る前の「youtubeタイム」に動画を見ていると「株式投資」や「節約」などのお金に関する動画がオススメとして表示されました。

最初は深く考えること無くそれらの複数の動画を見始め、気付けばオススメ欄にそのジャンルの動画ばかり表示されるような状態に(笑)

それほど、それらの動画の情報は私にとって新鮮で勉強になるものだったわけです。

そう、このブログのメインテーマでもある「投資とお金の勉強法」のスタートがyoutubeの動画だったんですね。

ぱふお妻
ぱふお妻

ずっとスポーツやらアニメやらの動画ばっかり見てたのにね(笑)

インプットしやすいyoutubeやネットを中心に投資やお金の勉強を開始する

youtubeだけでは知識が偏りますから、その他ネット情報や書籍を中心にお金や投資の勉強を始めました。

これにより、資格などの形に残る勉強ではありませんが「お金の勉強」も重要な自己投資だと知ることになりました。

なぜなら少しの勉強期間でも、普段の生活を変えずにすぐに支出を減らし自分のお金を守ることが出来るからです。

その「お金の勉強」の中で「お金を増やす力」にあたるのが株式投資だったわけです。

正確な支出を把握し、必用な生活防衛資金を知る

お金の勉強を始め、現金資産は「生活防衛資金」が最低限半年から1年分あれば十分だということを知りました。

これが無い状態で「株式投資」はあまりにリスクが高すぎます。

私はこの「生活防衛資金」を知るために

  • 正確な支出を知る為に「マネフォワードME」無料版で支出を管理
  • ひと月生活する為に必要な最低限の金額をハッキリさせる

こんな当たり前のことからスタートしました。

そう、こんな当たり前とも言える「自分が何にいくら使っているか」ということが正確に把握出来ていなかったのです。

「知る」と同時にマネーフォワードを使っているとアプリを開くだけでハッキリと支出が出ますから、自動販売機やコンビニでの買い物を躊躇するようになり、結果「節約」にも繋がりました(笑)

  • 支出を正確に把握し、ひと月に必要な生活費を知り
  • 節約しながら最低限の「生活防衛資金」を貯め
  • 「余剰資金」で「株式投資」を始める

足場を固めつつも「投資」にチャレンジできる誰でも出来る堅実なルートではないでしょうか。

楽天証券を利用して、余剰資金でつみたてNISAと米国高配当ETFで投資開始

世の中には様々な証券会社がありますが私は「楽天経済圏」の一部の「楽天証券」を利用しています。

「楽天経済圏」に関してはこちら

証券口座を開設したらどういった商品に投資するか決めました。

投資には様々な種類のものがありますが、ありがたいことに現在投資の素人でも始めやすい「つみたてNISA」という非課税制度があります。

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。
つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています(対象商品についてはこちら)。

引用元:金融庁公式HP

簡単に言ってしまえば、低コストでリスクの少ない株式投資が出来る制度です。

年間に40万円までと購入枠が定められているので、まずは堅実にこちらで月に3万円投資信託の購入を開始しました。

1回に40万円の購入では無く、毎月積み立てするこの方法であればさらにローリスクで運用することが可能です。

※これを「ドルコスト平均法」と言いますが専門用語っぽい用語の解説は今回は省略!

「つみたてNISA」を使っての投資は長期投資の最適解だと思いますが、私はこれに加えて「米国高配当ETF」をタイミングを見て購入し始めました。

少額でも「分配金」を手にすることへの「憧れ」みたいなものがどこかにあり、調べに調べローリスクハイリターンで分配金が貰える「米国高配当ETF」という商品に辿り着きました。

この「米国高配当ETF」も簡単に言うと、長期的に見れば値上がりの期待値が高く、定期的に利回りが高い「配当金」を手にすることが出来る株式です。

※こちらの詳細も今回は省略!(笑)

ここまででお気付きかもしれまんせんが、私は「超少額」からスタートしています。

ちなみに2019年11月の現在保有している株式がこちら↓

日本円の時価評価額で125,131円。

そう、こんな少額からでも株式投資は始められるんです!

ぱふおにとっての株式投資とは

「お金の勉強の一環」であり

未来への備え」であり

「お金を増やす手段」です。

これが私の株式投資スタイルです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

このブログを書いた人
ぱふお

妻とお金が大好きな意識低い系30代リーマンブロガー。
30代前半で奨学金返済完了!
大きい金額を動かしている方が多いネットの世界でマイナススタートからでも資産形成はできることを証明する為、そして妻との幸せの為、お金・投資・ブログ運営の勉強について書いてます!
投資は米国ETF&つみたてNISAを使った投資信託中心。
アイコンは妻作です!

ぱふおをフォローする
スポンサーリンク
株式投資
スポンサーリンク
ぱふおをフォローする
ぱふおブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました