30代夫婦が投資や節約を通して「お金の勉強」をするブログです

【楽天経済圏とは?】お得に節約しながら自分に合ったサービスを有効活用しよう

楽天経済圏アイキャッチお金の勉強
ぱふお
ぱふお

おはこんばんにちは!ぱふお(@puffoblog)です!

ぱふお妻
ぱふお妻

ぱふお妻です!

みなさんよく「楽天経済圏」という言葉を耳にしたり目にしたりすることがあるかと思います。

私自信、お金の勉強をしていく中で「楽天経済圏」を使うことでいかに得することが出来るのかを知りました。

私はもともと楽天カードは使っていたのですがポイント還元率が良いという理由だけで使っており、1つのクレジットカードとしてだけ利用していました。

昔と違い銀行の金利もあってないようなもの。

自己負担が増えていく中で節約は必須!最終的に自分達を守る自分達です!

今回は私が実際に利用しているサービスを紹介しながら「楽天経済圏」活用のリアルをご紹介します。

この記事はこんな人向けです

・まだ楽天会員になっておらず楽天カードを持っていない人

・楽天会員だけど、どんなサービスがあるかよく分からない人

・節約したいけど普段の生活をがらっと変えたくない人

スポンサーリンク

楽天経済圏とは

楽天経済圏とは楽天の提供するサービス全般のことを指します。

代表的なものは

・楽天市場(ネットショッピング)

・ラクマ(フリーマーケット)

・楽天カード(クレジットカード)

・楽天pay(キャッシュレス決済)

・楽天Edy(電子マネー)

・楽天銀行(ネットバンク)

・楽天証券(株取引・証券口座)

・楽天でんき(電力サービス)

・楽天モバイル(携帯サービス)

・楽天トラベル(旅行サービス)

・楽天ブックス(オンライン書店)

などなど、楽天は生活に関わる様々なサービスを提供しています。

楽天ふるさと納税」は限定的な使い方になるのでこれに含めるかどうか微妙なラインです…が!

他サービス同様に楽天ポイントを取得出来るので普通に納税するより絶対お得なサービスです!

2019年にぱふおが実際にやった「楽天ふるさと納税」の記事がこちら↓

これらを活用することを「楽天経済圏に巻き込まれる」なんて言ったりしますね。

ぱふお妻
ぱふお妻

巻き込まれる…?なんだか怖くない?

ぱふお
ぱふお

大丈夫!

しっかり調べて自分に必要なものだけ活用できれば、めちゃくちゃメリットがあるよ!

楽天経済圏の主なメリット

では実際にどんなメリットがあるかというと

圧倒的に楽天ポイントが貯まりやすい

やはりまずはこれを紹介しなければなりません笑

楽天経済圏の中心にある「楽天カード」はそもそもポイント還元率1%の非常に優秀なクレジットカードです。

そしてご存知の人も多いかと思いますが、楽天のサービスは連携して使えば使うほどポイントが貯まりやすくなる仕組みになっています。

参考サイト:楽天SPU

なんと最大で脅威のポイント16倍!笑

この記事をご覧になっている人であれば、どなたでもネットショッピングは利用するかと思います。

私自身、今まで楽天サービスをあまり利用してこなかったので思考停止で

そして利用者が圧倒的に多いのが「amazon」「楽天市場」だと思います。

ぱふお
ぱふお

大体の商品はamazonの方が安いでしょ。

amazonプライムにも加入してるから送料も無料だしね。

とか思ってました。

しかし!

しっかり調べるとそもそも楽天市場の方が安い商品もありますし、ポイントも合わせると数百円~数万円の違いがあることを知りました。

もちろん全てでは無いので使い分けが必要ですけどね。

めちゃくちゃ家計管理がしやすい

これも私にとっては大きいポイントです。

今までは複数の銀行・クレジットカード・ショッピングサイトを利用していたことで家計管理が面倒でしたし、正確に把握できていませんでした。

楽天経済圏を利用することでお金の出入りが管理しやすくなりました!

現在は楽天経済圏と並行してマネーフォワードMEというアプリの無料版を使って家計管理をしています。

各種サービスをアプリに登録することによって自動で家計管理してくれるサービスです。

お金を「貯める力」「守る力」どちらを高めるにも正確な家計管理は欠かせませんからね!

節約になる

はい、めちゃくちゃ単純ですが全体で見るとかなりの節約になります。

具体的に後述しますが、楽天市場は定期的に様々なキャンペーンを行っているので、その際などはポイントでお得。

楽天銀行も楽天証券との連携(マネーブリッジ)で金利が0.1%に。

条件によりますが、まだ電力会社を変更していない人にとっては、ほとんどの場合で電力会社を「楽天でんき」に変更することで毎月の電気代の支払が安くなるはずです。

ぱふおが利用している楽天サービス

では、実際にぱふおが利用している楽天サービスを実例と共にご紹介します。

私自身も「メリットがある」と感じたサービスだけ利用しているので正直に使っているものだけご紹介します。

楽天カード

兎にも角にもまずはこちら楽天カードです。

これがなければ何も始まりません!

持っていない方はまず楽天会員登録してカードを作ってください。

  • 年会費永年無料で
  • カードを作るだけで5,000円分のポイントが貰えたり
  • 通常利用で還元率1%とという高還元率

もう作らない理由がありませんね笑

楽天市場

amazonなどの他ネットショップと比較しながら利用しています。

ポイントに目が眩んで結果的に損をしてしまう場合もありますから、全ての買い物を楽天市場でといった使い方はしていません。

楽天市場は「お買い物マラソン」をはじめとする各種キャンペーンを利用してこそ多くのメリットを受けられるので情報収集を怠らないようにしています。

楽天銀行

楽天銀行はネットバンクです。

まだ窓口のある銀行でないと不安に思う方がいるのも分かりますが、個人的な見解ではネットバンクは銀行の未来だと思っています。

  • 条件をクリアすればATM手数料や振込手数料が複数回無料
  • アプリでの即時残高確認
  • 楽天証券とのマネーブリッジで金利が0.1%に

私も今年、金利0.001%の銀行から完全移行しました。

300万円預けていれば単純計算で年間で今までは30円だったものが楽天銀行は3,000円です

格安SIMであれば数か月分の料金払えちゃいます。

少ない金額のようですが、倍率は100倍ですからね…。

これも使わない理由がありません。

楽天証券

老後2,000万円問題から私も投資に興味を持ち楽天証券に口座を開設しました。

もちろん楽天銀行の金利アップ「マネーブリッジ」を狙ったものでもあります。

現在は少額ですが「つみたてNISA」と「米国ETF」に投資をしています。

まだまだ勉強不足ですが知識を付ければ付ける程、投資は怖くないものだと実感できています。

株式投資に興味はあっても「ちょっと怖い」と思っている人に私が今言えることは

  • 証券口座は手数料などのコストはゼロ!
  • 少額からでも株は買えて、やりながら勉強できる!

行動しなければ何も始まりません。

一緒に成長していきましょう!

楽天pay

現在私はキャッシュレス決済は「楽天pay」と「paypay」を場面によって使い分けてます。

キャッシュレス決済の戦国時代である今、各社様々なキャンペーンを行ってるので安直に1つに決めて使うと損する場面もありますからね。

「楽天pay」は「楽天カード」と紐づけての支払いになるので、単純にポイントの2重取りが可能なので積極的に使っています。

楽天でんき

2019年10月に東京電力から「楽天でんき」に切り替えました。

基本料金0円で使った分だけの支払いで、私の場合は1kwhあたりの単価も安くなるので単純に月々の支払額が安くなりますので、年間を通してみるとかなりの額の節約になります。

しかも現在は、申し込むだけで2,000ポイントの楽天ポイントがもらえます。

ぱふおの楽天経済圏まとめ

私自身、必用なものだけを選んで利用している為そこまで多くの楽天サービスを使っているわけではありません。

  • 楽天市場での買い物では6倍のポイントを貰え
  • 楽天銀行では0.1%の金利
  • 楽天でんきで月々の電気代が安く

などの分かりやすいメリットを享受しています。

皆様も、ハマりすぎることなく必要に応じて活用してみてはいかがでしょうか!

このブログを書いた人
ぱふお

妻とお金が大好きな意識低い系30代リーマンブロガー。
30代前半で奨学金返済完了!
大きい金額を動かしている方が多いネットの世界でマイナススタートからでも資産形成はできることを証明する為、そして妻との幸せの為、お金・投資・ブログ運営の勉強について書いてます!
投資は米国ETF&つみたてNISAを使った投資信託中心。
アイコンは妻作です!

ぱふおをフォローする
スポンサーリンク
お金の勉強
スポンサーリンク
ぱふおをフォローする
ぱふおブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました