30代夫婦が投資や節約を通して「お金の勉強」をするブログです

【つみたてNISA】emaxis slim 米国株式(S&P500)はアメリカへの分散投資【S&P500とは?】

emaxisslim米国株式アイキャッチ投資信託
ぱふお
ぱふお

おはこんばんにちは!

ぱふお(@puffoblog)です!

ぱふお妻
ぱふお妻

ぱふお妻です!

みなさん、今月もつみたてNISAで積立投資してますか?

今回は「ぱふおおススメのつみたてNISAシリーズ」(?)第3弾として、emaxis slim 米国株式(S&P500)をご紹介します。

つみたてNISAの他ファンドの紹介記事はこちらから↓

私自身も今回紹介する「emaxis slim 米国株式(S&P500)」に毎月5000円積立投資しています。

今回は、このemaxis slim 米国株式(S&P500)がどういった投資信託なのか、今回当ブログでは初めて触れる「S&P500」とはなんなのかも含めて分析してみたいと思います。

この記事はこんな人向け
  • これから「つみたてNISA」を始めようとしている人
  • 「つみたてNISA」でどの投資信託を買おうか悩んでいる人
  • 「emaxis slim 米国株式(S&P500)」 がどういう商品なのか知りたい人

ぱふお
ぱふお

では、分析いってみましょう!

スポンサーリンク

emaxis slim 米国株式(S&P500)ってどんな投資信託?

私は現在「つみたてNISA」を使ってemaxis slim 米国株式(S&P500)を毎月5000円積立購入しています。

別の記事で「投資信託」や「つみたてNISA」に関して詳しく書いています。初心者による初心者のための記事として書いているので参考にしていただければと思います。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)を一言でどんなファンドかというと「S&P500指数に連動するように運用するインデックスファンド」です。

では、気になる「S&P500指数とはなんぞや」というところからお話していきましょう。

S&P500指数とは?

S&P 500(エス アンド ピー ファイブハンドレッド、Standard & Poor’s 500 Stock Index)は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数。

ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出される、時価総額加重平均型株価指数である。

本指数はアメリカ合衆国企業の株価指数であることを意図しており、上記の証券取引所の上場銘柄であっても、アメリカ企業でないと判断された銘柄は本指数の対象外となる。

引用元:ウィキペディア(Wikipedia)「S&P500」
ぱふお妻
ぱふお妻

字面だけ見るとちょっと難しく感じるね・・・。

ぱふお
ぱふお

インデックス(指数)って言葉自体が聞きなれない言葉だしね。

でも、ETFや投資信託を扱っていく上で必ず覚えておいた方がいい知識だから頑張ろう!

有名な指数には「ダウ平均(NYダウ)」などがありますね。テレビのニュースでよく聞くやつ。

これは米国経済を代表する30銘柄の平均株価を指数化したものです。話が逸れてしまうので今回は詳しく触れませんが、こういった指数がいくつか存在します。

S&P500の話に戻りまして、S&P500がどういった指数か短くまとめると「米国企業の中で流動性がある大型株、上位500銘柄の時価総額を指数化したもの」です。

500銘柄と銘柄数も多く、非常に分散投資効果が得られすい指数なんですね。

多くの銘柄に分散されていますが、構成比率は銘柄やジャンルによって偏りがあります。

emaxis slim 米国株式(S&P500)の構成銘柄や産業割合は?

S&P500の構成銘柄の上位銘柄です。

S&P500構成銘柄トップ10

マイクロソフト・アップル・アマゾン・Facebook・アルファベット(Google)などの有名ハイテク企業が名を連ねています。

ぱふお妻
ぱふお妻

私達が普段から使ってるサービスばっかりだね・・・。

流石アメリカ・・・!

ぱふお
ぱふお

アメリカの大手IT系企業5社のFacebook・Apple・Amazon.com・Netflix・Googleの頭文字を1つずつとって「FAANG(ファング)」って言葉が出来るぐらいだから、恐ろしいぐらい世界の生活に根付いてるよね。

産業割合は情報技術やヘルスケアなど米国が世界を牽引する業種の割合が高くなっていますね。

S&P500業種構成

S&P500とVTIの違いに関して

S&P500とよく比較されるETFが「VTI」です。

  • S&P500=アメリカ大型株上位500銘柄に分散投資
  • VTI=アメリカの小型株を含む3600銘柄以上に分散投資

といった違いがあり、同じアメリカ株への分散投資でもこれによって差が生まれます。

小型株は景気の上下により、大型株より上がり下がりが激しくなりますので

  • S&P500=下落相場に強いが、好景気の際伸びが少ない
  • VTI=下落相場に弱いが、好景気の際伸びが大きい 

といった差につながります。

emaxis slim 米国株式(S&P500)の運用会社は?

emaxis slim 米国株式(S&P500)は「三菱UFJ国際投信株式会社」が運用するeMAXIS Slim(イーマクシススリム)シリーズの1つで、どれも名前の通り運用コストが非常に低いことが特徴でどの商品も人気商品となっています。

emaxis slim 米国株式(S&P500)のコストは?

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)も管理費用0.0968%、最安クラスの低コストです。

これまで紹介してきた投資信託と比べても

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド=0.222%
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド=0.162%
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)=0.0968%

運用コストが低いということは、長期運用向き=つみたてNISA向きの商品と言えますね。

S&P500指数に投資するファンドにはVOOというETFもありますが、つみたてNISAで投資信託のeMAXIS Slim米国株式(S&P500)を積立投資することで

  • 一度自動積立の設定をすれば、毎月一定額を自動購入できる。
  • 楽天カードを使うことで、投資分にも1%のポイントが付く。
  • つみたてNISAの節税メリットなどを受けることができる。

というメリットがあります。

▼楽天カードに関してはこちらから▼

投資した支払い分にも楽天ポイントが付くなんて、とんでもなくお得ですよね。

emaxis slim 米国株式(S&P500)の値動きは?儲かるの?

こちらがS&P500の値動きです。安定した値上がりを続けていることが分かりますね。

S&P500値動き

2000年代のITバブル崩壊や2008年のリーマンショック時には落ち込みを見せましたが、その後は回復し右肩上がりの安定した実績を残しています。

VTIなどに比べると緩やかな伸びですが、リスクは低く安定した投資先と言えますね。

emaxis slim 米国株式(S&P500)まとめ

個人的な意見としては、以下の理由からemaxis slim 米国株式(S&P500)は分散投資をするなら確実に購入したい商品の1つだと思います。

  1. S&P500への投資をすることでアメリカの上位500銘柄へ分散投資が出来る!
  2. S&Pへの投資は投資の神様ウォーレン・バフェット氏も推奨している!
  3. 超お得な制度「つみたてNISA」でお得に積立購入できる!
  4. 管理手数料0.0968%!最安クラスで無駄なコストがかからない!
  5. 楽天証券&楽天カードの組み合わせで購入することで1%分のポイントが毎月もらえて実質利回りプラス1%!

個人的にはアメリカ株をメインに投資をしていくつもりなので「楽天・全米株式インデックス・ファンド」と合わせて、毎月積立を続けていきます。

今回の記事が、少しでも読者の皆様の役に立てれば嬉しいです!

ぱふお夫妻
ぱふお夫妻

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

このブログを書いた人
ぱふお

妻とお金が大好きな意識低い系30代リーマンブロガー。
30代前半で奨学金返済完了!
大きい金額を動かしている方が多いネットの世界でマイナススタートからでも資産形成はできることを証明する為、そして妻との幸せの為、お金・投資・ブログ運営の勉強について書いてます!
投資は米国ETF&つみたてNISAを使った投資信託中心。
アイコンは妻作です!

ぱふおをフォローする
スポンサーリンク
投資信託
スポンサーリンク
ぱふおをフォローする
ぱふおブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました