30代夫婦が投資や節約を通して「お金の勉強」をするブログです

【VYM】バンガード・米国高配当株式ETFは買い?配当利回りは?

VYMアイキャッチETF
ぱふお
ぱふお

おはこんばんにちは!

ぱふお(@puffoblog)です!

ぱふお妻
ぱふお妻

ぱふお妻です!

今回は私達も購入している、バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)をご紹介します。

VYM】は、【SPYD】や【HDV】と合わせて「3大米国高配当株ETF」なんて言われたりする米国高配当株ETFの代名詞的存在の1つです。

VYMは配当利回りが高く、非常に人気のあるETFです。

今回は具体的にどういった商品なのか、個人的な見解も含めてご紹介していきます。

  • 米国高配当ETFの銘柄選びに悩んでいる人
  • VYM】に興味があり、具体的にどういったETFか知りたい人
  • 【VYM】はどこでどうやったらいくらで買えるのか知りたい人

ぱふお
ぱふお

では、紹介いってみよう!

スポンサーリンク

VYMってどんなETF?

【VYM】は「FTSEハイディビデンド・イールド・インデックス」という指数と連動したパフォーマンスを目指すETFです。

特徴としては

  • 米国株式市場において、予想配当利回りが市場平均を上回る銘柄から選別
  • 構成は約400銘柄
  • 特性上、時価総額の多い大型銘柄を多く含む
  • REIT(不動産)は含まない

といった特徴があります。

VYMの運用会社は?

【VYM】は、世界第2位のバンガード・グループが運用しています。

  1. ブラックロック
  2. バンガード・グループ
  3. ステート・ストリート・グローバル

この3社の運用会社は資産運用の世界の超優良ブランドとして有名で、【VYN】以外に私がおすすめする米国高配当ETFの【SPYD】と【HDV】もそれぞれブラックロック社とステート・ストリート・グローバル社の商品です。

VYMのセクター比率

次は【VYM】の保有銘柄の業種別の比率(セクター比率)を見ていきましょう。

VYMセクター割合20191219

※2019年12月19日時点

金融、一般消費財・サービス、ヘルスケアで約50%を占めていますが、どのセクターにもそれなりに分散された比率となっており大きな偏りがありません。

【SPYD】や【HDV】と共通の銘柄も多く、セクター比率から見ても【SPYD】と【HDV】の特性をブレンドしたようなETFであるという見方もできます。

こういった広く分散された株投資は、米国株式全体に分散投資するETFの【VTI】同様、長期スパンでの投資に向いている投資法になります。

VYMの主な構成銘柄

VYM組み入れ上位銘柄20191219

※2019年12月19日時点

高配当の企業を選別し時価総額に比例して投資していることもあり、上位10銘柄には投資家に大人気の大企業が並んでいます。

時価総額(じかそうがく、Market capitalization)

株式時価総額とは、ある上場企業の株価に発行済株式数を掛けたものであり、企業価値を評価する際の指標である。 時価総額が大きいということは、業績だけではなく将来の成長に対する期待も大きいことを意味する。

引用元:ウィキペディア「時価総額」
ぱふお妻
ぱふお妻

つまり、業績も成長性も期待できる大企業に多めに投資するってことだね!

VYMの純資産総額と経費率

【VYM】の純資産総額は37.85億ドル(2019年11月30日時点)

1ドル100円計算でも約3.8兆円です

ぱふお妻
ぱふお妻

もう、よくわからない金額(笑)

ぱふお
ぱふお

純資産総額で上位のETFには10兆円を超える商品もいくつかあるみたいだよ(笑)

そして【VYM】を保有するコストは年間でたったの0.06%です。

100万円分購入しても、年間コストは600円。ほぼコストゼロみたいなものですね。

長期保有向きの構成銘柄だからこそ、ランニングコストが安いのはトータルで見た時に大きな違いになります。

【VYM】の経費率は設定当初から断続的に引き下げられており、資産総額も増加し続けているので今後も低コストが続くと考えられます。

ぱふお
ぱふお

資産運用において、低コストは正義!

VYMの配当金(分配金)利回り

2019年12月26日時点で3.03%の配当利回りです

配当利回り自体は、ほぼ横ばいで推移しているのでそういった視点で言えばいつ買っても安心して配当金を受け取れる商品と言えます。

VYMの配当月

分配金は年4回で、3・6・9・12月の中旬~下旬ごろ。

実際の入金は翌月になることもあります。

VYMの株価チャート

VYM値動き(チャート)191227

VYMの株価は2018年1月以降横ばいに推移していましたが、2019年末頃からまた徐々に右肩上がりに上がり始めています。

VYMの買い方

【VYM】は外国株ですから、買うのにハードルが高いように感じる方もいるかもしれませんが、実際は凄く簡単に買えるんです。

私は楽天証券で購入しているので、そちらを例にご紹介します。

購入までは3ステップで

  • VYMを検索する
  • 買いボタンを押す
  • いくらで何株買うか決める
VYM買い方
ぱふお
ぱふお

以上です(笑)

円貨決済もできるので、証券口座に日本円が入っていればこれだけで株主になれちゃうんです。

VYMを買うなら楽天証券がおすすめ

私も楽天証券で平均取得価額9,989円で取得。合計5株保有しています。

VYM購入実績

現在までの運用実績はこちらの運用実績カテゴリーからご覧いただけます。

【VYM】は複数の証券会社で買えますが、米国株式を購入するには楽天証券がおすすめです。

楽天証券は外国株の取り扱いが豊富ですし、手数料も激安、楽天ポイントで株を買えたり様々なメリットがあります。

つみたてNISAにも対応しており、つみたて購入であればカード決済もできるので毎月ポイントがザクザク貯まりますよ!

ぱふお妻
ぱふお妻

楽天ポイントは、普段の生活で使える場面が多いから本当に便利だよね♪

ぱふお
ぱふお

出光でのガソリン給油や日用品の買い物とか、活用のできる場所が多いしね。

VYMまとめ

ここまでをまとめると以下の通りです。

VYM】はこんなETF

【VYM】は

  • 予想配当利回りが市場平均を上回る銘柄から選別
  • 時価総額に比例して投資する
  • 大型株を中心に約400銘柄に分散投資
  • RIET(不動産)は含まない

ETFです!

VYMのメリット
  1. 歴史が古いETFであり、総資産額も多く安定したETFである
  2. 配当利回りがそこそこ高く、多くの分配金がもらえる(約3%)
  3. 増配率が高いので、キャピタルゲインも狙える
  4. 1つの商品で米国株への分散投資になる
  5. コストがめちゃくちゃ安い(0.06%)
  6. 海外株式だけど簡単に数クリックで買える
  7. 10,000円程の少額からも投資ができる

しかし…直近の成績では配当金ではSPYDに劣り、トータルリターンでもS&P500にかなわないという中途半端なポジションになりつつあります。

個人的な見解としては

  1. 配当金狙いなら、SPYDとHDVへの分散投資
  2. トータルリターンと分散投資なら「つみたてNISA」で全米株式かS&P500

このどちらかでいいのでは無いかと考えます。

>>楽天・全米株式インデックス・ファンドはなぜ積立投資におすすめなのか

>>emaxis slim 米国株式(S&P500)はアメリカへの分散投資

ですが、設定されてからの長い歴史と米国を代表するような「超優良企業」に1つの商品で分散投資できるVYMはやはり優秀なETFです!

個人の感想ですが【VYM】はトータルリターンと配当金狙いで検討する余地のあるETFです。

投資の世界では何があっても自己責任です。

投資する商品の理解を深めて、自分達に合った投資をしていきたいですね。

ぱふお夫妻
ぱふお夫妻

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

このブログを書いた人
ぱふお

妻とお金が大好きな意識低い系30代リーマンブロガー。
30代前半で奨学金返済完了!
大きい金額を動かしている方が多いネットの世界でマイナススタートからでも資産形成はできることを証明する為、そして妻との幸せの為、お金・投資・ブログ運営の勉強について書いてます!
投資は米国ETF&つみたてNISAを使った投資信託中心。
アイコンは妻作です!

ぱふおをフォローする
スポンサーリンク
ETF
スポンサーリンク
ぱふおをフォローする
ぱふおブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました